【FIN9】 Cafe aalto と 木のお店aarikka

スオメンリンナの要塞から戻って、ぽかぽか陽気の中
エスプラナーディ通りをてくてく歩きます。
今日こそはあそこでお茶するわよ~と…
アカデミア書店の2階奥にそのカフェに向かいました。

※※6日目 -3/27- Cafe aalto(カフェアアルト)※※
a0193741_153609.jpg

この2階真正面の奥にあります。
(あーこれだっ)とブラブラぶら下がっているペンダントランプ「Golden Bell」にぶひ。
a0193741_15362318.jpg

小さいお店ですが、大理石のテーブルやブラックのレザーチェアなど…
すべてアアルトさんがデザインしたものとか。
かもめ食堂で、サチエさんとミドリ片桐はいりさんが出会って
「ガッチャマンの歌」を歌ったカフェですよねー。

メニューや紙ナプキン…どれもシンプルデザインでステキです。
a0193741_15363961.jpg

コーヒーはカップサービスもあり、コーヒー好きのワタシはもちろんそっち。
a0193741_15365163.jpg

何のタルトだったっけ…レモン…とにかくお値段、驚くほど高かったのですが
その価値十分にありの激旨タルトでした!
娘注文のフレッシュオレンジジュースも、超超超美味しかったです。
なんだか、変に納得してしまったお茶タイムでした。

お茶の後、記念に何か写真の美しい本でも買っていこうと
書店をウロウロしたのですが、めーーーっちゃ高い(T.T)あえなく退散。
消費税の高さを一番感じた瞬間でした^^;

外にでたら、もうすっかり暗くなっていましたが
お腹は空いていない上に、さすがにフィンランドのオイシイモノにも飽きてきました(苦笑)
横のストックマン百貨店で、カップ麺でも探そうと行ったのですが
日本のカップ麺なんて全くありません(T.T)
ある日本食は、凄く高いのに大して美味しそうでもないお寿司のみ…おろろ~ん。
結局、デリで何か買って帰って食べようと言うことに。
教訓!長い旅に出る時には、カップ麺などを持っていくべし!べし!べし!
毎度のソウルでは、日本食が恋しいなんて思ったことが無いので、
旅に出て、こんなにも日本食が恋しいと思ったのは初めてでした(泣笑)

しかし、神様はいました(笑)
諦めて、デリで注文順番のチケットを取り、自分の順番が呼ばれた時に…神が!
どえらいイケメンの白衣のオニーサンがワタス達を呼んでおるぅぅ=。
あまりに格好良くて、注文する声がうわずっていたかも(爆)
買ったデリを温めてほしくて(もっと絡みたくて?笑)
「プリ~ズホット、ホットォ」と言ったら、そのどえらいエエ男が…
分からないのか、ちょっと困った顔して、そのうち…
「ん?ウォーム?」と!!ウォーム??そうか、HOTじゃなくWARMなんだぁ。
「イエース!ウォーム!」と張り切るワシでした。
ウォームなデリを買って、ご機嫌でホテルに帰るワタシ達。
カッコイイ彼のことを『ウォームボーイ』と勝手に名付け、帰りのトラム中、ずっとその話!!
テンション高く、ホテルに戻ったワタシ達でした(爆爆)

そのWarm Boyにチンして貰ったデリ!
チキン料理と、パエリアに、サラダなど。
a0193741_1537844.jpg

こうしてこの晩は、Warm Boyの話で盛り上がり就寝~

明けて7日目。この日も快晴!旅も後半戦です。
トラムに乗って向かったのは、木のお店です

※※7日目 -3/28- aarikka(アーリッカ)※※
a0193741_15372244.jpg

下調べ通り、こんな所に?っていう目立たない路地角にあります。
そして、結構普通なビルの中へ進んでいくと…あったー
カワユシ。
a0193741_15374224.jpg

もともと、このアーリッカって、チビサンタさんくらいしか知らなかったのですが
アクセや雑貨などなど沢山ありました。
a0193741_15375489.jpg

キャンドルホルダーなど小さいモノから大きなモノまで圧巻。
定価なら、なかなか手の出せない価格なのですが
「2-laatu」と記されたB級品なら、かなりお安くなってます。
a0193741_1538636.jpg

ワタシ達もその2-laatuのアクセ(笑)をいくつかゲットしました\(^o^)/

アーリッカを出て、駅まで戻る途中、やっぱりもう一度行きたい…
行きたい行きたい…で、行ってしまいました、マリメッコファクトリー!!(爆爆)
結局、前々日に行った時よりも、ドーンとお買い物っす。
自分のバッグに、布イロイロ、友達の孫っちのTシャツやベビーグッズまで。
大きなマリメッコのショップ袋をぶら下げて、意気揚々帰りの地下鉄駅に着いた時…
今思い出しても、ウレシタノシな出来事がありました。

ヘルットニエミ駅からホテルに戻ろうとしていたとき
一人の女子さんから、英語で声を掛けられました。
一目見て、彼女は韓国の方だなって分かったので、
英語で話しかけられているにもかかわらず「チャンカンマン(ちょっと待ってね)」(笑)と言って
先にホームへ降りようとしていた娘を大急ぎで呼びました。
ワタシ達がマリメッコのショップ袋を持っていたので
マリメッコへの行き方を尋ねたかったようです。
娘がいきなり韓国語で説明を始めたので、一緒だった彼氏君が
「ヲ?ハングクプニセヨ?(え?韓国人?)」と。
こういうとき、ワタシも口を出したくて仕方ないので、ちょこちょこ横から(爆)
無事、お教えできて、彼氏君が「ありがとうございます」と日本語で^^
そしてワタシ達が韓国語で「アニエヨ~。チョシメカセヨ~」と。
今回のフィンランド旅行で、一番ワクワクしてしまった瞬間でした(笑)
ここに来て韓国語が役に立つなんてね~って、娘に言うと
お母さんが横から余計なことチョコチョコ言うのが、ちょっと間違ってるしー。と(大汗)
アレマ、スマンコトデスタ…。おほほほほ。

といいますか、ホテルでもお店でも、英語で話しかけられると
ワタシの脳みそは『日本語以外の外国語=韓国語』という条件反射の元
「イエース」と答えればいいのに「ネェ~」と言ってみたりの自分に笑えました(笑)

そういうこともあったりで、テンション高くホテルに戻り、チェックアウト。
この日、ヘルシンキ最後の1泊は、訳あり延泊になってしまったので
ちょっとだけ豪華なホテルへ、6番トラムに乗って移動です。
Erottaja駅の目の前のとても素敵なホテルでした。

※※7日目 -3/28- ホテル クラウス K (Hotel Klaus K)※※
a0193741_15381883.jpg

デザイナーズホテルだけあって、大きなホテルではないですが
スタイリッシュで、コンパクトさもかえって気持ちよく
部屋に通されてからは、窓の外に見えるトラムや景色に大騒ぎ(笑)
a0193741_15382929.jpg

ジムやサウナも自由に使えて、とても楽しい1泊になりました。
壁のTVや浴室、什器など、すべてカッコイイー!
TVのリモコンまでもこんなにスタイリッシュなんですね。
a0193741_1538432.jpg

さー、喜んでばかりもいられません(笑)
フィンランド滞在も最後の24時間あまりになってしまいました。

まずは、さっきでお世話になっていたホテル近くまで戻り^^;
ハカニエミマーケットホールの有名なスープやさんSOPPAKEITTIÖへ。
a0193741_15385533.jpg


つづく…
by aln_kishimo | 2014-04-29 16:00 | ヘルシンキ&タリン '14.03

日曜自宅カフェを楽しむ、勤労主婦で韓流のワタシの毎日


by aln_kishimo